中野美奈子対高島彩

中野美奈子対高島彩

江戸映像電波局八番のなかみくとぅ中野美奈子あな(弐千弐年入社)が、番組内であやぱんくとぅ高島彩あな(同壱年)たーち「注意」をしたでござるさー。

愛媛藩の某かん難儀類を紹介するでござるこーなーの一幕さぁ〜。進行役のなかみが「くぬぅまま、まずは」とゐむんくとぅを勧めると、大塚範一あなとんなぁ藤愛子あな(ふりー)は一口さいずの果物を「くぬぅまま」口たーち入れたでござる。ところがじゃ、なかみの右隣たーちゐたあやぱんは、後で紹介されるはずの果物ぜりーを器箸でかめーしもうた。すかさずなかみは右てぃであやぱんの方を指差しながら「くぬぅまま(ゐむん)、くぬぅまま」と間違ゐを「注意」したでござるさー。

みじも入らずなかみは話をんなぁの衆藤あなたーちふったでいちちざる。「愛氏どうでいちちざるか」。かめらもユッチャイが映ってゐた画像からんなぁの衆藤・大塚あなの弐人の画面へ移り、んなぁの衆藤あなは「甘ゐでいちちざる」。あやぱんはくぬぅ簡潔なこめんとたーち「逆襲」のちゃんすを見出しちゃんでいちちざるのか、画面の外から「ほのかたーちすっぱさもあって」と口をは殿さぁ〜。画面がユッチャイ映像へ戻ると、あやぱんは「くぬぅまま」の一口果物をほおばりながら「濃ゐお味」とまとめたでいちちざる。
以上のやりとりは、別たーち緊迫感が漂ってゐたわけしからばなく、むしろ和気あゐあゐとしちゃんでいちちざる雰囲気で交わされてゐたでいちちざる。ひとまずあやぱんは、ちょっとしちゃんでいちちざる己のみすたーち見くとぅ「逆襲」し、ふぉろーするでいちちざるくとぅたーち成功しちゃんでいちちざるようさぁ〜。番組は、弐千八年弥生とぅー壱日夜明けたーち放送されたでいちちざる「めざまし自動映像映写機」さぁ〜。

■トップページ

中野美奈子・なかのみなこマニア