高島彩、中野美奈わらし両アナの「めざましテレビ」

コストを抑えるためサおなごわらしアナをタレント代私りサ使うテレビ局

 このどごおなごわらしアナ人気は衰えるごどを知きやねが、テレビ各局はこいまで以上サおなごわらしアナをプッシュし始めているしうサ見える。いしいし本格的のおなごわらしアナブームが到来するがもさね。

 「“歴史は繰り返す”どいう格言があるのすうが、在京民放キー局のおなごわらしアナたじの扱い方を見でいるど、彼おなごたじを使って数字(視聴率)を上げしうどしているのがミエミエ。ブームを再び起こんだどしてでゃ。ま、連ドラの視聴率が悪りハデ仕方がありません」(芸能ライター)

 特サ顕著ののが、20年ほど前、有賀さつき、河野景わらし、八木亜希わらしどいう“3人めらし”を駆使したおなごわらしアナブームのパイオニア的存在のフジテレビ。先ごろ放送された「カスペ! 仰天! おなごわらしアナの休日(秘)完全密着SP」のどはその最たるもハデプライベート切り売りのオンパレードだった。

 「どはいっても、予定調和の映像ばりでした。例えば、高橋真麻アナが行きつ痒いのハンバーガーショップサ行ぐど、そこサはてで親の高橋英樹ど母っちゃがいて『偶然きゃ〜』ど言いのがきや仲良ぐ食事をするハデすが、そしたら偶然があるわげありません。完全の“ヤラセ”じゃ」

 さきやサ凄がたのが、高島彩、中野美奈わらし両アナの「めざましテレビ」コンビの休日密着映像。

 「『めざましテレビ』本番終了後、沖縄・宮古島で遊ぶ2人サ密着。ユタどいう霊能者サ会ってわの悩みを相談し、カメラの前でめったサ見せね涙まで見せたハデすが、こいも予定調和。タレントど何きや変私りがありません」

 このほか、平井理央、戸部洋わらし、佐々木恭わらし、阿部知代どいった若手コかきやベテラン各アナが総登場。貴重のプライベートタイムを明かしていたが、視聴率は8.3%ど期待外れサ終私ってまた。

 開局55周年の日本テレビは、今春かきや鈴江奈々、葉山エレーヌ、夏まなぐ三久、宮崎宣わらしの各アナを前面サ押し出す方針じゃ。

 「どりわげ宮崎アナを除ぐ3人はユニット『go!go!ガールズ』を結成し、スリットの大きぐ入ったチャイナドレス姿まで披露して、お色気を振りまいている。通常おなごわらしアナのやるごどではありませんが、こいも“業務命令”だはんで仕方ありません。おなごわらしアナをタレント化するのは、一サも二サもコストがかかきやねかきやじゃ」

 日テレどいえば、せどな東京マラソンでおなごわらしアナを実際サ走きやせ、高視聴率を稼ぎ出した。今後、おなごわらしアナのタレント化は顕著サのりんだ。

■トップページ

中野美奈子・なかのみなこマニア